松本美枝子写真展「ここがどこだか、知っている。」に行ってきた

松本さんの展示を見に行ったら,逆にお土産をもらってしまったので,宣伝.

The Second Stage at GG #46

松本美枝子写真展「ここがどこだか、知っている。」

(うっ,写り込みが…….)




銀座で開催中です.
(9月29日まで)

松本さんと出会ったきっかけは,
僕が水戸の高校の写真部にいた頃,
水戸芸術館で写真のワークショップを開催するので,
近隣の高校生の参加を募っているということから.

今は写真を撮ることは減ってしまったけれども,
写真に対する考え方なんかは,
高校生の当時も,そして今もなお自分の根底に
途切れることなく流れている,
なーんてね.

松本さんの撮る写真は自然なんだよね.
今みたいにtwitterだinstagramだなんかに
アップすることを前提にして撮られた
(製作された? 描かれた?)ものとは違って,
上っ面ではなく,人そのものを撮るという,
飾ろうとしない,素をさらけ出された感じが好き.

『生きる』っていう
谷川俊太郎さんの作品への写真集とかね,
今でもたまに見返すよ.


感想はというと,
作品の根底には東日本大震災があるんだけど,
環境は災害が起ころうが起こるまいが変わってゆくなかで,
記憶が過去をつないでゆく,
という感じなのかなぁ…….
うまく言葉にできない(と本人にも言ってしまった.)

松本さんの「いばらきー いばらきー」の歌が耳に残る.

あと,僕は最近まで隠遁生活を送っていたので知らなかったけど,
色々仕事なさっているのね,松本さん.
今回の展示でも岩とか無機物の写真が多くて,
人物どりのイメージが強かったから,ちょっと意外だった.

松本さんも銀座で個展を開けるまでになったのか.
本人には言えないだろうけど,
芸術系で大成するのは並大抵の人じゃないから,
身近にこんな例があるのは誇らしいです.
可能性はある,ということがね.

というわけで,銀座のGuardian Gardenにて
9月29日まで開催しておりますので,
お時間のある方はぜひお越しください!
(場所がわかりにくいけど,通りから赤い看板が目印)
(日曜祝日休廊なのがちょっと残念,9月は祝日多いからね)

さっきSNS写真を批判したけど,ホームページより情報が早いからねー
松本さんのinstagramtwitterです.

アクセス少ないブログだけど,お菓子を下さったお礼でした.




カテゴリー: 雑感 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です